社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
住所福岡市東区和白丘2-2-75 092-608-0001
福岡和白病院WEBサイト内リンク
福岡和白病院WEBサイト内コンテンツリンク
サイト内検索
英語
文字サイズ
文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

教育研修・海外交流

教育研修

教育研修・海外交流

新人職員の卒後教育、幹部養成教育への取り組みとして、各チームごとのミニ研修から学識経験者等を招いての講演会、さらに海外研修まで幅広く研修活動を行っています。米国クリーブランドクリニックからは、平成16年にはリハビリテーション科部長のDr.Sahgalが、17年には、プライマリ・ケア・メタポリックシンドロームの専門のDr.Campbellを招き、研修医の教育にあたってもらいました。近年は米国ニュージャージー州バリーホスピタル、オハイオ州クリーブランドクリニック、ウエストバージニア大学病院、カリフォルニア州スタンフォード大学、ドイツザクセン州ライプチィヒ大学病院などでの研修実績があります。研修医1年目はボランティア研修として、カンボジアのアンコール小児病院にて外来診療、訪問診療を行っています。
また、平成23年7月には、ヒルトン福岡シーホークの総支配人であるクリスチャン R.ボーダーを招き、ホスピタリティ産業に関する講演会を行いました。

イメージ:海外地図

海外交流

アンコール小児病院
福岡和白病院とアンコール小児病院の絆

アンコール小児病院 アンコール小児病院はアンコール遺跡のあるカンボジア王国シェムリアップ市に位置しています。1999年に開院して以来、80万人もの子どもたちに医療を提供してきました。敷地面積約1万平方メートル、建物面積1,280平方メートル。
入院病棟、救急室、集中治療室、手術室、歯科、眼科等を備え、毎日350人以上多い日には600人をこえる子どもたちが外来を訪れます。

アンコール小児病院の建設プロジェクト開始当初から12年間、社会医療法人財団池友会創設者の蒲池真澄は医療顧問として尽力しています。以来、フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーの支援を続けています。
福岡和白病院の職員は、賛助会員として、これまで継続的な支援をしております。さらに、福岡和白病院はアンコール・フレンズ基金の福岡事務局として、広報活動を通して、広く社会に呼びかけをしています。
両病院をつなぐ架け橋は、両国友情の証です。今後もこの輪を広げ、育てていきましょう。
平成17年には、アンコール小児病院から3人の医師、3人の看護師、1人の事務関係者が福岡和白病院を研修のために訪問しました。さらに、平成17年11月にはアンコール小児病院からこられた脳髄膜瘤の患者様2人の手術を福岡和白病院で行いました。また、和白病院をはじめとする関連施設から、毎年多くの医療従事者をアンコール小児病院に派遣し、研修活動を行っています。

イメージ:カンボジアのフンセン首相より勲章を授与されました 福岡和白病院での医療研修 福岡和白病院での医療研修

イメージ:カンボジアのフンセン首相
より勲章を授与されました

求人情報
  • 臨床研修医募集
  • 専修医募集
  • 医師募集
  • 認定看護師募集
  • 看護師募集
  • コメディカル・事務部募集
現在募集中の治験に関する情報はこちら
健康教室 李刊誌いのち、痛みに全力 関連施設リンク 災害情報
2017(C) FukuokaWajiroHospital All Right Reserved