社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
住所福岡市東区和白丘2-2-75 092-608-0001
福岡和白病院WEBサイト内リンク
福岡和白病院WEBサイト内コンテンツリンク
サイト内検索
英語
文字サイズ
文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

平成27年度 福岡和白病院 病院指標

  1. 1.年齢階級別退院患者数
  2. 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 5.脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. 7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 66 186 205 340 626 934 1884 2187 1986 630
当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が全体の73.9%、80歳以上が28.9%と、比較的ご高齢の患者さんが多くを占めています。比較的若い世代である40歳代以下は15.7%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
・DPCでは入院患者様に14桁のコードが付けられ、病気と治療方法によって4,244種類に分けられます。診療科毎に症例数上位3つの症例について集計し表示しております。用語については以下の通りです。
・DPCコード:入院患者様に付けられる、疾患と手術・処置とを組み合わせた14桁のコードです。
・DPC名称:DPCコードを言葉に置き換えたものです。
・平均在院日数(自院):当院に入院して退院されるまでの日数の平均です。
・平均在院日数(全国):全国の病院で入院して退院されるまでの日数の平均です。
・転院率:当院に入院後、そのまま他の病院へ入院した患者様(転院)の割合です。
・平均年齢:入院された患者様の年齢の平均です。
・患者用パス:当院に入院された時、日々どのような治療を行うのかを表した予定表です。表示上、患者様用クリニカル・パス(Clinical Pathway)を省略しております。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術等無し 320 16.28 14.34 20.94% 78.64
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術等無し 134 20.50 21.69 29.10% 85.39
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) ポリペクトミー等実施 68 2.54 2.76 1.47% 59.47
肺炎・誤嚥性肺炎が多く、これらの疾患では平均年齢が高い傾向にあります。直腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ切除術を施行した症例が次いで多い疾患となっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 CAG*実施 404 1.38 3.07 0.25% 68.81
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 PCI*実施 189 4.25 4.87 0.53% 69.81
050130xx99000x 心不全 手術等無し 146 19.22 18.30 15.07% 81.66
*CAG:心臓カテーテル法による諸検査、*PCI:経皮的冠動脈形成術
心臓カテーテル検査・経皮的冠動脈形成術が多く、紹介による緊急症例にも対応しています。心臓カテーテル検査目的の入院では、当院の平均在院日数は、全国平均より2日短くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術等無し 64 10.81 9.17 10.94% 70.08
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)等実施 53 5.72 5.56 0.00% 37.25
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等実施 38 25.55 17.41 5.26% 72.97
イレウス・結腸の悪性腫瘍では平均年齢70歳を超えており、虫垂炎では10歳代から70歳代で平均年齢は37.2歳となっています。また、虫垂切除術は緊急手術となる場合が多く、術前日数は平均0.3日となっています。
また、結腸の悪性腫瘍では、進行胃癌や亜腸閉塞の状態で、即日入院しての精査・治療のために、全国平均よりも当院の在院日数が長くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等実施 188 28.79 28.70 76.06% 83.65
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術実施 92 7.95 5.70 6.52% 49.70
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術実施 52 6.63 5.76 0.00% 40.58
高齢者の骨粗鬆症に伴う大腿骨近位骨折や前腕の骨折などが多くみられます。前腕骨折では、小児の転倒によるものや学生のスポーツ外傷なども症例に含まれるため、平均年齢が40歳代となっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術等無し 138 17.50 15.80 26.81% 73.31
010230xx99x00x てんかん 手術等無し 95 7.84 7.03 6.32% 54.84
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術等無し 76 6.79 7.52 7.89% 47.51
脳神経外科の臨床統計では、脳血管障害472例(非tPA*脳梗塞268例、tPA脳梗塞25例)でした。入院病名の上位10診断名として、ガンマナイフを含む悪性脳腫瘍219例、頭部外傷149例、てんかん発作112例、脳出血83例、頭頸部血管狭窄56例、脳動脈瘤56例、くも膜下出血49例、TIA(一過性脳虚血発作)37例、めまい34例、良性脳腫瘍20例でした。外傷やくも膜下出血、めまいの症例数はこの10年横ばいですが、高齢者の脳血管障害や中高年のメタボリックシンドロームに関連する頭頸部血管疾患が増加しております。
*tPA:組織型プラスミノーゲン活性化因子(注射や点滴で血管内に注入、血栓(血の塊)を溶かす薬剤。(血栓溶解剤))
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術実施 35 20.80 13.03 0.00% 69.60
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし アバスチンによる化学療法実施 30 9.90 11.62 0.00% 57.70
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 化学療法実施かつ放射線療法なし 27 10.11 13.38 0.00% 59.78
肺癌の治療では、手術や抗癌剤を用いての治療があります。2番目と3番目では治療に使用する薬剤の種類が違っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術等なし 24 17.08 18.74 29.17% 69.17  
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 手術実施 17 2.00 3.46 0.00% 56.06
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 中心静脈注射等実施 15 31.00 25.69 6.67% 70.13
2015年度の入院治療症例を大まかにまとめますと以下となります。
弁膜症(連合弁膜症を含む)症例:36例(内、手術症例は32例)
解離性大動脈瘤症例      :59例(内、手術症例は29例)
破裂性大動脈瘤症例      : 7例(内、手術症例は7例)
非破裂性大動脈瘤症例     :53例(内、手術症例は44例)
狭心症症例          :37例(内、手術症例は27例)
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術実施(片眼) - - 7.42 - -
020210xx99xxxx 網膜血管閉塞症 手術等なし - - 4.40 - -
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし アイリーア硝子体内注射・ルセンティス硝子体内注射実施 - - 2.53 - -
一番症例の多い白内障手術の入院は包括対象外となり、それ以外の疾患は10症例未満となる為、ここでは厚生労働省の公開ルールに沿って「-(ハイフン)」で表現しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術実施 42 6.86 7.59 2.38% 71.10
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術実施 24 9.38 10.25 0.00% 72.46
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等実施 23 5.39 5.91 4.35% 63.39
膀胱癌・前立腺肥大症・尿路結石症の症例が多く、尿路結石に対しては平成28年7月よりESWL*を導入しました。
ESWL:体外衝撃波結石破砕術
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術等未実施 28 12.61 14.34 10.71% 74.64
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術等未実施 16 24.06 21.69 25.00% 80.75
01021xxxxx0x0x 認知症 手術等なし 11 12.45 13.61 0.00% 81.45
医療における診療科のひとつで、あまりにも専門化・細分化しすぎた現代医療の中で、全人的に人間を捉え、特定の臓器・疾患に限定せず多角的に診療を行う部門です。画像診断や救命救急、認知症・精神科診療、漢方診療なども同時に行っています。必要があれば、各診療科のスペシャリストに紹介を行っています。また、外来初診の「症状」のみの患者に迅速かつ適切に「診断」をつける科でもあります。
乳腺甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)実施 49 8.02 6.79 2.04% 58.88
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし ゲムシタビン塩酸塩、シクロホスファミド+塩酸エピルビシン、パクリタキセル、ドセタキセル水和物による化学療法実施 35 2.34 4.66 8.57% 54.23
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等実施 23 13.57 10.37 4.35% 58.78
いずれも乳癌ですが、術式や治療に使用する薬剤が違っています。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等実施 38 54.45 24.95 28.95% 66.53  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等実施 16 57.75 27.21 37.50% 77.31
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術等無し - - 9.98 - -
先天性の形成不全性関節症や、変形性関節症などに対する治療を行っています。また、リハビリ目的の入院期間を含むため、平均在院日数が全国平均より長い結果となっています。3番目に多い症例の手術・処置等の合併症では、骨粗鬆症の進行により起きるネジの緩みなどがこれに該当します。
脊髄脊椎外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均
年齢
患者用
パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術等無し 102 11.59 21.52 76.47% 79.36
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術等無し 60 3.80 11.00 1.67% 71.58
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等実施 48 28.31 23.32 25.00% 71.40  
若年者から元気な高齢者まで、頭蓋頚椎移行部から腰椎まで背骨の病気すべてを診ます。高齢化による骨粗鬆症によっておこる脊椎圧迫骨折は、近年増加傾向にあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 16 9 6 18 15 18 1 6,7
大腸癌 6 29 27 52 14 30 1 6,7
乳癌 48 61 29 19 3 15 1 6,7
肺癌 28 3 17 21 8 77 1 6,7
肝癌 1 1 3 3 5 8 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
病期分類は、癌の深さ・リンパ節転移の有無・遠隔転移の有無により決まります。精査希望がない場合・内視鏡的または体腔鏡的な治療で3つの情報が得られない場合には、病期分類が不明となります。
また、再発症例では、抗癌剤や放射線治療目的で複数回入院の場合もそれぞれの入院を再発症例として数えていますので、患者数ではありません。臓器によって使用する薬剤が違い、投与回数も異なります。

・5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者様の人数を初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しております。複数回入院された患者様も入院回数で集計しております。
・UICC病期分類:国際対がん連合によって定められた、原発巣の大きさと進展度、所属リンパ節への転移状況、遠隔転移の有無
 上記3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期に分類するものです。
・再発:癌治療終了後に再発となった患者様です。
・UICC病期分類版数:病期分類の判断とした版(バージョン)を表しております。
・UICC:Union for International Cancer Control 国際対がん連合
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 60 10.13 55.73
重症度 1 140 15.14 81.76
重症度 2 104 19.32 84.69
重症度 3 33 22.73 88.88
重症度 4 13 20.85 86.31
重症度 5 2 12.50 83.00
不明 6 16.83 89.00
肺炎の重症度分類:A-DROPスコア
項目 基準
Age
(年齢)
男性70歳以上
女性75歳以上
Dehydration
(脱水)
BUN 21mg/dL 以上
または脱水あり
Respiration
(呼吸)
SpO2<=90%
(PaO2 60Torr 以下)
Orientation
(意識障害)
意識障害あり
Pressure
(収縮期血圧)
収縮期血圧90mmHg 以下
・5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点とします。
・BUN   :血液に含まれる尿素窒素の量
・SPO2   :経皮的酸素飽和度
・PaO2 60Torr以下  :動脈血の酸素分圧(Torrはその単位)
重症度0では平均年齢が50歳代ですが、重症度1~5ではいずれも平均年齢が80歳を超えています。成人市中肺炎は、高齢になるほど重症になることが分かります。

・成人の市中肺炎の患者数を重症度別に集計しております。
・成人市中肺炎診療ガイドラインによる重症度分類システムを用いています。
・ウィルスによる肺炎や誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外です。
・成人の肺炎について集計している為、小児の肺炎も集計対象外としております。
・市中肺炎:普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
・誤嚥性肺炎:誤嚥により肺に流れ込んだ細菌が繁殖することで起こる肺炎。
・肺炎の重症度:5つの項目から成り立っており、該当数により軽症から超重症の4段階に分かれております。
脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均在院
日数
平均
年齢
転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 40 4.85 70.55 0.00%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 262 23.48 74.04 29.79%
その他 20 30.80 69.45 2.84%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 13 11.85 75.77 3.57%
その他 43 7.79 70.58 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんが全体の8割以上を占めています。当院ではそういった緊急性のある疾患に迅速に対応できるよう、24時間365日患者さんを受け入れ、常時CT・MRI・超音波検査などができる万全の体制を敷いています。

・脳梗塞の患者様をICD-10コード別に集計しました。
・ICD-10コード:国際疾病統計分類-第10回修正(ICD-10)に基づいて、様々な傷病名が分類されコード化されています。病名には必ずICD-10コードが付与されております。
・「$」表示:「$」には、0~9までの数字が入ります。数字が入ることで、病名をより詳細に表すことが出来ます。
・脳梗塞の発症日:3日以内の患者数が多いことは、それだけ急を要する(急性期)の脳梗塞患者が多く来院されていることになります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
・Kコードについて
 手術の領域に割り振られたコードのことです。1桁目を「K」としているためそのように呼ばれます。
 他にも注射は「G」、投薬は「F」などと内容により割り振られるコードが決まっております。
・平均術前日数:入院して手術をするまでの日数の平均です。
・平均術後日数:手術をして退院するまでの日数の平均です。
・転院率:当院に入院後、そのまま他の病院へ入院した患者様(転院)の割合です。
・平均年齢:入院された患者様の年齢の平均です。
・患者用パス:当院に入院された時、日々どのような治療を行うのかを表した予定表です。表示上、患者様用クリニカル・パス(Clinical Pathway)を省略しております。
内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 339 0.14 1.16 0.59% 60.93
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 64 0.11 1.14 0.00% 59.70
K654 内視鏡的消化管止血術 53 1.36 11.81 18.87% 72.04
内視鏡的ポリープ切除術では、ポリープができた部位(場所)が結腸の場合と直腸の場合ではDPCコードが違うので、それぞれを表示しています。食道や胃・大腸からの出血に対して緊急で行なう消化管止血術では、高齢者や基礎疾患があることが多いため術後も入院での経過観察が必要です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 178 1.88 3.44 1.12% 70.62
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 63 2.92 12.30 7.94% 74.75
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 46 0.00 17.07 8.70% 66.39
安定狭心症と末梢血管治療と急性の冠動脈治療が多い傾向にありました。
外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 68 3.31 6.94 2.94% 58.54
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 46 0.37 3.04 0.00% 67.93
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 39 0.10 4.46 0.00% 35.90
腹腔鏡下で行なう手術のうち、胆嚢に対して行う手術が最も多く鼠径ヘルニア・虫垂・結腸・直腸などがそれに続きます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(大腿、肩甲骨、上腕) 158 2.38 24.09 67.72% 80.75
K0811 人工骨頭挿入術(股、肩) 81 3.27 29.83 66.67% 83.70
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨、鎖骨、手、足、指、その他) 81 1.99 12.02 17.28% 50.69  
高齢者の骨粗鬆症に伴う骨折観血的手術が最も多く、上位2位では平均年齢が80歳を超えており、回復期リハビリテーション病院等への転院率も高くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 60 1.20 15.32 18.33% 79.63
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 36 3.56 16.11 13.89% 71.50
K1781 脳血管内手術(1箇所) 32 5.91 17.84 15.63% 61.28
脳神経外科の手術台帳では、悪性腫瘍に対するガンマナイフ237例でした。主要な実施手術として、慢性硬膜下血腫73例 、CAS (頸動脈ステント)51例、脳動脈瘤コイル42例、脳腫瘍手術29例、脳動脈瘤クリップ21例、CEA(頸動脈内膜剥離術)12例、バイパス12例でした。脳動脈瘤の治療では血管内手術と開頭手術の割合は2:1で、5年前の1:2から逆転しています。頸動脈狭窄に対する血管内治療と外科的結構債権は2:1、CASとCEAの比較では4:1であり、急速に血管内治療の症例が増加しています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 25 3.96 5.60 8.00% 35.04
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 19 3.84 14.42 0.00% 68.05
K5141 肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -
気胸や肺癌の手術が多く、肺癌に対する手術では切除する範囲によって違う術式となります。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K5551 弁置換術(1弁) 18 8.56 25.11 16.67% 73.56
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 17 10.41 18.82 5.88% 73.65
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 17 0.06 0.94 0.00% 56.06
2015年度の手術実績を疾患群にまとめますと以下となります。
弁膜症手術等             :33例
動脈瘤手術(胸部・腹部)等      :80例
 (再掲)ステントグラフト内装術等  :41例
冠動脈バイパス術等          :35例
静脈瘤・シャント設置術等       :55例
これらの手術症例のうち、症例が多い順に3疾患群を表しております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 168 1.04 1.92 1.19% 77.39
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
包括対象外となる為、診断群分類別患者数等では表示できなかった白内障に対して行う水晶体再建術は、最も症例数の多いものです。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 58 1.52 4.55 1.72% 71.55
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 47 2.02 7.74 12.77% 68.15
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 54 1.71 6.67 0.00% 72.46
膀胱癌・尿路結石・前立腺肥大症に対して行う手術となります。
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
広範囲の診療となるため、消化管疾患の治療も積極的に治療しています。また、緊急の血管内治療やエコーガイドもしくはCTガイドの穿刺ドレナージや生検を行って治療や診断を行っています。
乳腺甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 49 1.16 5.86 2.04% 58.88
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 23 1.00 11.57 4.35% 58.78
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 14 1.79 13.36 7.14% 60.07
いずれの術式も乳癌に対して行います。術式によりKコードが違うため、乳癌に対して行う手術が4位以下にも続きます。
リウマチ科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0821 人工関節置換術(股) 58 2.76 51.53 31.03% 69.43  
K082-31 人工関節再置換術(股) - - - - -
K128 骨盤内異物(挿入物)除去術 - - - - -
手術後、自宅へ戻るまでの間に十分なリハビリを実施するために回復期リハビリテーション病院への転院もあるため、30%を超える転院率となっています。
脊髄脊椎外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 54 4.22 27.19 20.37% 70.33  
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 49 3.55 14.14 24.49% 70.33  
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 17 7.47 15.12 5.88% 40.94
腰が痛い、歩きにくい、手足が痺れるといった症状に悩む元気な高齢者が年々増えています。脊柱管狭窄症・ヘルニアなど、若年者から高齢者まで、頭蓋頚椎移行部から腰椎まで背骨の病気すべてを診ます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 13 0.14%
異なる 14 0.15%
180010 敗血症 同一 19 0.21%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 121 1.34%
異なる - -
下記4つの症例の患者数と請求率を集計しました。高額な点数や医療の質に関わる疾患が挙げられています。
播種性血管内凝固(DIC):感染症などによって起こる、全身性の重症な病態です。
敗血症 :感染症によって起こる、全身性炎症反応の重症な病態です。
真菌症 :真菌による感染症です。
手術・処置等の合併症 :手術や処置等に一定の割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられ、合併症はどのような術式でもどのような患者様でも一定の確率で起こり得るものです。また、医療ミスとは異なります。

入院契機:入院のきっかけとなった病名です。(入院契機病名)
請求率 :全退院患者様のうち、該当する傷病名の入院契機で請求となった割合です。
退院時の病名と入院時の病名は、経過によって異なることがあります。その割合を「同一」か「異なる」かで分けて集計しております。
発生率を計算する上での分母は全退院患者数です。
更新履歴
2016/09/29
病院情報を公開
求人情報
  • 臨床研修医募集
  • 後期研修医(専攻医)募集
  • 専修医募集
  • 医師募集
  • 認定看護師募集
  • 看護師募集
  • コメディカル・事務部募集
現在募集中の治験に関する情報はこちら
健康教室 李刊誌いのち、痛みに全力 関連施設リンク 災害情報
2017(C) FukuokaWajiroHospital All Right Reserved