社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院
住所福岡市東区和白丘2-2-75 092-608-0001
福岡和白病院WEBサイト内リンク
福岡和白病院WEBサイト内コンテンツリンク
サイト内検索
英語
文字サイズ
文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

脳神経センター

脳神経内科

神経内科では、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気の診察を担当しています。具体的には、脳梗塞などの脳血管障害、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患、髄膜炎などの炎症性疾患、脊髄症などの脊椎疾患、糖尿病性末梢神経障害や顔面神経麻痺などの末梢神経障害、多発筋炎や重症筋無力症などの筋疾患などが挙げられます。その他、頭痛やてんかん、全身性疾患の合併症としての神経障害なども対象となります。症状としては、手足に力が入りにくい、言葉がうまくしゃべれない、物忘れをする、動作が遅い、手足のしびれ、筋肉がやせてきた、頭痛といったものが挙げられます。これらの症状に対する診察と、必要に応じて脳波や末梢神経伝導検査といった電気生理学的検査、頭部CTやMRIなどの画像検査などを行います。治療は薬物治療が主体ですが、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科などと連携して総合的な治療を行います。

神経内科 外来診療表(6月)

 
午前 宇根 隼人
(完全予約制)
  林 隆太郎
(完全予約制)
  宇根 隼人
(完全予約制)
 
※曜日によっては脳神経外科医師が診察することがあります。

対象疾患

脳血管障害
3時間以内の超急性期脳梗塞に対してt-PA製剤を用いた血栓溶解療法を行っています。またその他の急性発症の 脳脊髄血管障害に対しても迅速に対応します。
炎症性疾患
無菌性および細菌性の髄膜炎、脳炎に対しての診断と治療。
脱髄性疾患
多発性硬化症や急性散在性脳脊髄炎など。
変性疾患
アルツハイマー病などの認知症、パーキンソン病および類似の症状を呈する疾患、脊髄小脳変性症、本態性振戦。
末梢神経障害
ギランバレー症候群やCIDPなどの免疫性ニューロパチー、血管炎、糖尿病や膠原病などの内科疾患に伴うもの、ビ タミン欠乏症などに伴ったニューロパチー、特発性顔面神経麻痺。
筋疾患
多発筋炎などの炎症性疾患、重症筋無力症、甲状腺疾患など内科疾患に伴うミオパチー、その他には眼瞼、顔面痙 攣に対してボツリヌス治療など。

以上のような疾患に対して病歴と神経学的所見をもとに、脳脊髄CT、MRI、脳血管造影などの画像検査、血液、髄液検査、 高次機能検査、神経伝導検査、筋電図などから必要なものを選び正確な診断を行います。

求人情報
  • 臨床研修医募集
  • 専修医募集
  • 医師募集
  • 認定看護師募集
  • 看護師募集
  • コメディカル・事務部募集
現在募集中の治験に関する情報はこちら
健康教室 李刊誌いのち、痛みに全力 関連施設リンク 災害情報
2017(C) FukuokaWajiroHospital All Right Reserved